アスペルガーの人と接する場合に、他の人と同じように接してしまうと、お互いにストレスが溜まってしまいます。 そのため、アスペルガーの人との接し方を理解しておいた方が良いでしょう。 アスペルガーの人との接し方は、以下の通りです。 ・曖昧な表現をしない ・一度に多くのことを求めない ・できそうにないことをやらせない まず、大事なのが曖昧な表現をしないということです。 アスペルガーの人に抽象的な言い回しをしても理解することが難しいので、具体的な表現をするようにしましょう。 例えば、普通であれば、「10時くらいに待ち合わせ」と言っても通じますが、アスペルガーの人は「10時くらいっていつだろう」と思ってしまいます。 こういったことを防ぐためにも、「10時ちょうどに待ち合わせ」という言い方をしてください。 そして、一度に多くのことを求めると頭がパニックになってしまうので、気をつけましょう。 また、今までやったことのないことを押し付けると混乱してしまうため、できそうにないことはやらせないようにすることも大切です。